<< <家裁怠慢訴訟>原告の主張認め国に賠償を命令 東京地裁(毎日新聞) | main | セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す−成蹊大(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


続善隣国宝記

続善隣国宝記(ぞくぜんりんこくほうき)は、江戸時代に編纂された外交文書集。室町時代に編纂された『善隣国宝記』の継承する意味を有した書名と考えられている。ただし、内容の異なる3系統の同名書が存在する上、その派生とも言われている続善隣国宝外記・善隣国宝別記の2種類の外交文書集も存在している。概要まず、『続群書類従』に収められている2種の続善隣国宝記がある。ともに本来は同一題名(「続善隣国宝記」)であるが、雑部所収のものには「続善隣国宝記」、拾遺部所収のものには改めて「善隣国宝後記」と命名された。前者は『史籍集覧』(21)にも所収されたもっとも一般的なもので、天明4年(1784年)の久保泰亨による識語が記されている。久保は京都の村井敬義が所持していた2冊本から隣交と関係が薄いと思われる文書を削除して編纂したもので、元の原本(2冊本)は対馬の以酊庵関係者の手によるものではないかと推測している。文明5年(1473年/明:成化5年)から寛文12年(1672年)までに出された往復文書69通を所収し、対象国も明や朝鮮、琉球のみならずノビスパン(イスパニア領)や澳門(ポルトガル領)などのヨーロッパとの外交文書も含まれている。後者は宝永辛卯孟陬(=宝永8年1月/1711年)・松隠玄棟編集と記されている(松隠玄棟は元禄年間に以酊庵に朝鮮修文職として派遣されていた)。天正18年(1590年)から天和2年(1682年)までの12回にわたって日本(江戸幕府・対馬藩宗氏など)と朝鮮(朝鮮国王・朝鮮通信使など)で交された往復文書が収められている。日朝関係の外交文書に限定されており、他の諸本とは全く別の系統に属している。もう1つは神宮文庫に写本が所蔵されていた著者不明の本で年代も下限の文書が収められた享保4年(1716年)以後としか判明していない。永享4年(1432年)から享保4年(1716年)までの外交文書を所収しているが、前述の2種と共通する文書が多い。特に前者とは重複文書や体裁が類似しており、元は同一系統であった可能性があるとされる。また、これらの派生と考えられる本として続善隣国宝外記・善隣国宝別記が存在する。前者は『続群書類従』雑部・『史籍集覧』(21)に所収されており、文明5年(1473年)から延宝3年(1675年)までに出された往復文書26通を所収している。このうち18通が久保泰亨編纂の

可視化法案、今国会提出を検討=民主・輿石氏(時事通信)
小沢氏責任への言及なし=長崎知事選敗北で閣僚発言(時事通信)
小沢氏 「国民の支持は得られる」と潔白を強調  (産経新聞)
「のぞみ」を退く新幹線車両500系のバームクーヘン、20日から発売(産経新聞)
<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 01:01
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
情報商材レビュー
クレジットカード現金化
情報起業
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM