スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


菅家さんに無罪判決へ=足利事件再審、18年ぶり名誉回復−宇都宮地裁(時事通信)

 栃木県足利市で1990年、4歳の女児が殺害された足利事件で、殺人罪などで無期懲役が確定、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審判決公判が26日、宇都宮地裁で開かれる。佐藤正信裁判長は無罪を言い渡す。
 逮捕から18年3カ月余を経て名誉回復が実現する。検察側は判決後に上訴権の放棄を申し立て、無罪が確定する。
 判決公判では、冤罪(えんざい)を生んだ司法の責任や誤った有罪判決を出した原因にどう言及するか、謝罪の言葉があるかが注目された。
 再審公判は昨年10月から6回の審理を重ねた。佐藤裁判長は有罪判決の誤りを検討する証拠調べはできるとの方針を示し、菅家さんが「自白」する取り調べの録音テープの再生や事情聴取を担当した元検察官らの証人尋問を実施。検察側が有罪を立証せず無罪を求めた再審では、異例の展開となった。
 また、裁判長は菅家さんへの謝罪について、初公判で「判決の際に考えを示す」と述べていた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「足利事件」
「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件の再審判決
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降

<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
鳩山首相 内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で(毎日新聞)
雲仙火砕流 焼けたカメラ、記念館で公開(毎日新聞)
「偽装献金」参院選見据え結審へ 急ぐ民主 火種消せず(産経新聞)
建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)

<文科省>所管の財団に委託費返還請求 人件費過払いで(毎日新聞)

 文部科学省と内閣府原子力安全委員会は19日、文科省所管の財団法人原子力研究バックエンド推進センターへの委託事業で人件費が過大請求されていたとして、過払い分を返還請求すると発表した。不適切な請求は03〜07年度の計24件の委託事業で7503万円。

 両府省によると、委託業務の人件費の計算ミスで、日本原子力研究開発機構から同センターに出向中だった職員の人件費を誤って全額算入したという。昨年5月の会計検査院の検査前に同センターが過去の書類を点検し発覚した。

 委託業務は、原子力発電所の廃止措置や放射性廃棄物処理に関する海外の事例調査など。03年度以前は書類が残っていなかった。

【関連ニュース】
もんじゅ:下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円
もんじゅ:耐震性問題なし 原子力安全委
もんじゅ:「耐震性評価は適切」安全委
もんじゅ:地震での重大な影響なし 原子力保安院作業会合
もんじゅ:業務請負3社、知事側からもパーティー券購入

外国人参政権「反対」28県、「賛成」を逆転 都道府県議会(産経新聞)
エネルギー自給率70%目標(産経新聞)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
2歳男児が一晩連れ回され保護 50代の男逮捕へ(産経新聞)
インドネシア人介護福祉士候補者受け入れ施設に実態調査(医療介護CBニュース)

「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している黒澤明文化振興財団(黒澤久雄理事長)が、建設に充てる寄付金の大半を財団運営費などに使い果たしていた問題で、同市の塚部芳和市長は23日の市議会全員協議会で、財団との契約内容を変更し、建設期限を盛り込んで締結し直す意向を示した。

 「6月末頃までは財団の対応を見守る」としている。

 市は記念館建設に向けて財団の施設維持管理費などを補助しているが、建設期限を定めた契約は交わしていなかった。

 期限内に実現しなかった場合、黒澤理事長が取締役を務める黒澤プロダクション(横浜市)に支払った記念館建設などに関する権利金1億500万円の返還を求める根拠にする考えとみられる。

強風で線路に布団や洗濯物が次々落下、計約1万9200人に影響 JR阪和線と関西線(産経新聞)
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年(時事通信)
小林議員と民主党執行部 「辞職」最終調整へ(産経新聞)
10年度予算 今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)
「円天」詐欺事件、L&G元会長に懲役18年 東京地裁判決(産経新聞)

第二京阪、20日に全面開通 名神、国道1号の渋滞解消に期待(産経新聞)

 京都市と大阪府門真市を結ぶ「第二京阪道路」(約28・3キロ)のうち最後の枚方東インターチェンジ(IC)−門真ジャンクション(JCT)完成し20日、全線開通する。昭和58年度の事業化から26年、総額約1兆円をかけた巨大事業で、周辺の幹線道路の渋滞解消が期待され、早くもバス会社などでは路線を第二京阪にシフト。生活道路の慢性的な混雑に悩む地元も歓迎している。

 ■渋滞解消の試算

 全線開通で最も期待されるのは並行して走る名神高速、国道1号の渋滞解消効果。

 国土交通省近畿地方整備局や西日本高速道路の試算によると、名神高速の利用台数は1日あたり約12万4千台。全線開通で、このうち1万台程度が第二京阪に流れるという。

 一方、国道1号についても、大阪市役所から京都市役所までの移動時間は、従来の混雑時、約2〜3時間かかっていたが、第二京阪を利用した場合、約1時間と大幅に短縮される見通しで、整備局は「全体として渋滞解消の効果が表れるのは間違いない」と話す。

 また、大阪府内の運送業者約3600社(約8万3千台)が加盟する府トラック協会の小野隆生・専務理事は「名神高速は渋滞が多く、京都と大阪を結ぶ大動脈が新しく増えることは歓迎する。名神高速よりもスムーズに移動できれば、自然と利用も増えるのではないか」という。

 ■バス路線などシフト

 近畿運輸局によると、第二京阪の全線開通にあわせて、主にJR京都駅と関西国際空港を結ぶバス路線を運行する関西空港交通(大阪府泉佐野市)と大阪空港交通(池田市)、京阪バス(京都市)の3社が、名神高速から第二京阪にルート変更を申請している。

 いずれも、慢性的に渋滞が多発する名神高速を避け、より定時運行ができる第二京阪の利点を変更の理由としている。

 この3社以外にも第二京阪へのシフトの動きは広がる見通しで、全面開通前に建設現場を視察した近鉄バス(東大阪市)の田邉勝己・乗合営業課長は「全線開通は、メリットになることはあってもデメリットになることはない。定時性に優れていることが分かれば、路線をシフトしていく」と話している。

 ■地元も期待

 「枚方市内から守口市内まで、ひどい時で1時間。いかに国道1号の渋滞を避けるか、常に頭を悩ませている」。大阪府枚方市に本社のあるタクシー会社の男性運転手(60)は、うんざりした表情で話す。

 国道1号は朝夕の混雑時には3〜4キロの渋滞は当たり前。わずか5キロの区間を抜けるのに半時間以上かかることもあり、第二京阪の全線開通にかける地元の期待は大きい。

 一方、全線開通にあわせ、沿道では新たな市街地整備に乗り出す地区も表れた。

 寝屋川北ICの近くにある寝屋南地区(約23ヘクタール)では、地権者が土地区画整理組合を設立。不動産会社などでつくる共同企業体に委託して市街地整備を進めており、商業地への大型ホームセンター進出も決まっている。

 宅地では101戸の造成が最終段階を迎え、今秋には入居者も募集。早ければ来春にも商業施設とともに街開きする予定だ。

 組合関係者は「大阪、京都へのアクセスが便利になり、付加価値も高まる。新市街地としてにぎわいを創出できれば、周辺の沿道開発のモデルケースにもなる」と力を込める。

【関連記事】
第二京阪道、全通は3月20日 全国初の遮音壁で太陽光発電
自転車で高速道を走ろう! 来春「第二京阪」
高速道路網計画を見直し、前原国交相が表明 未着工の建設見送り示唆
自転車で変わる「通勤」 カロリー表示や専用ナビで快適
高速割引 国民欺く建設費への転用
20年後、日本はありますか?

国分寺の殺人事件、男6人を逮捕監禁容疑で逮捕(読売新聞)
両親口論、長女刺され死亡=母も負傷、海上に父の遺体−大分(時事通信)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 仙台地裁(河北新報)
<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
「批判した人切る、改革にならない」民主・生方氏(読売新聞)

<鳩山首相>贈与税3470万円を納付(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日、自身の資金管理団体「友愛政経懇話会」を巡る偽装献金事件に関連し、実母から09年1〜5月に提供された資金7500万円にかかる贈与税3470万円を納付したと公表した。個人事務所を通じて報道各社に説明文書を送った。事務所側は、これで実母から提供された資金にかかる贈与税は全額納付したとしている。

 首相は昨年12月、02〜08年に贈与された11億7000万円にかかる贈与税約5億7500万円を納付した際、「09年分については後日、申告して納付する」としていた。09年分に提供された資金額は当初9000万円としていたが、調査の結果、7500万円と判明したという。【白戸圭一】

【関連ニュース】
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
鳩山首相:「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」
鳩山内閣:支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
鳩山首相:小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」

千葉大生殺害 学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
漫画の性描写規制の都条例改正案、成立見送り(読売新聞)
高速道路をママチャリで走行=大阪〔地域〕(時事通信)
天皇、皇后両陛下 ルーマニア大統領と会見(毎日新聞)
インフルでの入院、8週連続で減少(医療介護CBニュース)

<天皇、皇后両陛下>皇太子ご一家と御所で昼食(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は18日、皇居・御所で皇太子ご一家と昼食をともにした。皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=に対して宮内庁が「通学に不安感がある」と発表して以来、両陛下が愛子さまに会うのは初めて。

 皇太子妃雅子さまと愛子さまは正午ごろ、皇居・半蔵門を車で通った。皇太子さまは先に御所に到着しており、合流してから昼食となった。愛子さまは16日の終業式は欠席し、雅子さまが見守る中、式後のホームルームに出席した。野村一成・東宮大夫は12日の会見で「(愛子さまは)ご通学への不安感は依然としてお持ちのようだ」などと述べている。

東京大空襲 世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
首相動静(3月13日)(時事通信)
東大合格者に異変 都立日比谷が倍増(J-CASTニュース)
「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)

全日空機が引き返す=新千歳空港(時事通信)

 15日午後6時ごろ、新千歳空港から羽田空港に向かっていた全日空72便ボーイング777−300型機(乗客乗員300人)が、北海道苫小牧市沖の太平洋上空を飛行中、操縦席で電気関係の不具合を示すメッセージが表示された。全日空によると、同機は新千歳空港に引き返し、約40分後に着陸した。乗客らにけがはなかった。同社が原因を調べている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

リフトの支柱に衝突、スキー大会で男性死亡(読売新聞)
ホーム火災避難、地域との連携なしには困難(読売新聞)
小林議員、月内に進退判断か 北教組への関与は否定(産経新聞)
<訃報>東田敏男さん77歳=元鉄建建設専務(毎日新聞)
全日空、日航で欠航相次ぐ 強風や降雪で羽田発着便など70便(産経新聞)

首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)

 鳩山首相が公邸に入居した際にかかった費用が、政府が公表した413万円ではなく、実際は約700万円にのぼっていたことが10日、政府関係者の話でわかった。

 清掃費など約280万円を含めなかったためで、「過少申告」との批判が出そうだ。

 政府は9日の閣議で、障子の張り替え、フローリングの床の補修などの「内装補修」に計約413万円を支出したとの答弁書を決定した。答弁書は、これまでも首相交代の際は「点検・清掃」や「内装補修」を行ってきたとして、安倍元首相の場合は約222万円、福田元首相は282万円、麻生前首相は382万円を支出したとした。

 鳩山首相の場合は「内装補修」だけを公表し、過去3代の首相の支出額には含めた「点検・清掃」費約280万円を外したことになる。「点検・清掃」費を除いた過去3代の首相の支出額は数十万〜百数十万円にとどまっている。

精神障害者への交通費優遇の充実を働き掛け−日精協(医療介護CBニュース)
低気圧発達、暴風雪に警戒=広範囲で荒れた天気に−気象庁(時事通信)
参院福島に新人擁立=みんなの党(時事通信)
石巻3人殺傷「前夜の110番で襲撃決意」(読売新聞)
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災−県警(時事通信)

大島氏「今は時期じゃない」 執行部批判に反論(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は7日、青森県八戸市内で記者団に対し、与謝野馨元財務相が谷垣禎一総裁ら党執行部の一新を求めていることに対し、「今は(夏の参院選に向け)戦っている時なので、その時期でない」と反論した。

 与謝野氏は執行部一新を求める理由に、鳩山政権に対する退陣要求の甘さを挙げている。大島氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を政府が5月末までに決着できない場合、「あらゆる手段で求めなければならない」とも述べ、鳩山内閣の不信任決議案の提出を検討する考えを表明。与謝野氏の批判を踏まえ、「戦う姿勢」もみせた。

 大島氏は「与謝野さんは谷垣氏に『もっと強く出ろ。しっかり頑張れ』との思いでおっしゃっているのだろう」と指摘しつつも、「(批判は)執行部に直接言っていただき、党が一丸となることが大事だ」と不快感もみせた。

 市内で開かれた党主催の対話集会では、昨夏の衆院選大敗の原因の一つとされている「麻生降ろし」に言及。「若かろうが大先輩だろうが、あの反省を今一度心しなければならない」と述べ、執行部批判の広がりを牽制(けんせい)した。

 一方、与謝野氏は7日、NHKの討論番組で「民主党は政権担当能力がない。民主党に代わる選択肢は本当にあるのか、みんなで考えなければいけない」と述べ、鳩山政権の退陣を求める行動が必要だと訴えた。

【関連記事】
「谷垣降ろし」加速も 反対勢力の一本化は不透明
与謝野元財務相、新党視野 党執行部の刷新迫る
谷垣氏に失望 与謝野氏、新党結成へ動き
「連休前に総裁は決断を」 自民・河野氏が執行部一新を要求
「審議拒否の責任取ってほしい」 自民執行部に河野太郎氏
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

静岡・三島の老人ホーム火災、1遺体を発見(読売新聞)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
東海道新幹線、線路に不審者立ち入りで遅れ(産経新聞)
開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)
<男逮捕>6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎(毎日新聞)

<仙谷担当相>7月人事延期も 国家公務員法改正遅れた場合(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は5日の記者会見で、国家公務員法等改正案の審議入りが遅れていることに関し、成立がずれ込んだ場合は「7月の慣例的な人事を延ばすことも考えざるをえない」と述べた。改正後は、全省庁の部長級以上の約600ポストに関し、内閣人事局が作成管理する「幹部候補者名簿」から登用する。人事局は4月1日設置とされており、成立が遅れると名簿作成もずれ込み、7月の人事に間に合わない可能性がある。

シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談−岡田外相(時事通信)
ひき逃げで46歳男を逮捕=高2男子死亡−岐阜県警(時事通信)
トラック スーパーに突入…ATM狙う? 札幌(毎日新聞)
毎日俳句大賞 隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
情報商材レビュー
クレジットカード現金化
情報起業
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM